東海岸NO.1ワインを求めて

最近アメリカ東海岸のワインが、質・量ともに高い評価を受けているらしい。
1/4付の日経アメリカ版の記事を見て、4度目にもなるロングアイランドのワイナリーへ
行ってまいりました。

f0024303_8402389.jpgロングアイランドの東西を走る25号線沿いには
ワイナリーがたくさんならんでいるのですが、
今回目指したのは、東海岸のワインランキングで
NO.1にもなった「LENZ」。
我が家からは1時間半ほどの距離です。
この時期、客足が遠のくせいか結構閉まっているワイナリーもあったのですが、目的地「LENZ」はお店もオープンしていて、ほっ。
f0024303_8424261.jpg

思っていたよりこじんまりしたワイナリー。ぶどう園の規模もそんなに大きくなかった。
お店の人もフレンドリーで、日経の記事を見せたら嬉しそうな反応が。
他にはドイツのガイドブックにも掲載されているらしいが、なかなかここまで
来るお客さんは少ないとか。たしかに車がないと難しいロケーション・・・。

f0024303_8453843.jpg

テースティングメニューは2種類あって、$5で手ごろなワインを5種類試飲ができるものと
$10でちょっと高級なワイン(25ドル~55ドル)が4種類試飲できるものがあったので、
どちらも試してみました。
手ごろなワインの試飲の方もなかなかなもの!
全体的にお料理にあわせやすい風味豊かなワインだったです。

f0024303_8563053.jpgお土産には、やっぱりランキングに入っていた
ワインを。堂々の第1位の白ワイン 
2005 Old Vines Chardonnay と
第3位の赤ワイン
2001 Merlot Estate Selection をお買い上げ。
ちなみに他にはランクインしたロングアイランド産のワインは、「Raphael」、「Bedell」、「Corey Creek」と言ったワイナリーのワインでした。
「Bedell」は何度か行ったことがるのですが
映画関係者がオーナーらしく、とってもお洒落なワイナリーです。

ワイナリーの帰りはお決まりコース
「タンガーアウトレット」へ。
ほろ酔い気分で、ショッピング(笑)。
良い週末となりました。
[PR]

by shi-non_NY | 2008-01-12 23:36 | Day trip  

<< Blue Man おすすめトリートメント >>