カテゴリ:Driver license in NY( 3 )

 

やっと念願の・・・・・!

f0024303_3371480.jpg実は恥ずかしくてブログに書かなかった事の1つ。(笑)
それは車の路上試験に落ちた事。
去年の8月の事だったのでもぅ一年になるのですが、それ以来、車に乗るのがトラウマになったのと、車がなくても生活していけるという事で、ずっと避けて通ってきました。
でもやっぱり今年の冬が来る前にはなんとか免許をという事で重い腰をあげ行ってきました。
日系の自動車学校を通すと、ウェストチェスターの試験場まで行かなくてはいけないので、
ロングアイランドで路上試験を受けられるDMV NYのサイトから直接予約し行ってきました!

f0024303_342201.jpg

前回は、車の運転だけでもいっぱいいっぱいなのに試験官はもちろん英語なので、
緊張に拍車がかかり、パラレルパーキングをした時点でアウトという
なんともお粗末な結果に終わってしまった。
今回も試験場はGarden Cityより受かりやすいと聞いているHicksvill。
だいたい試験コースは分かっていたので、事前に下見&練習、
直前パラレルパーキングを夫に特訓してもらい試験に臨みました。
といいつつ、全く受かる自信0のまま当日が来てしまい、まぁ今回もダメだろうと
友達には試験日の事を伏せていたのでありました。

当日予約は9:00だったので、30分くらい早く現地へ。
アメリカでは試験を基本的には自分の車で行うので夫に付き添ってもらいました。
1番乗りかもなんて思っていたら、既に車は20台くらいの順番待ち。
緊張のし過ぎで私の手は氷のような冷たさに・・・(苦笑)。その一方、
4人くらいの試験官でまわしているので、9:00前から始まった試験はあっという間に私の番に。

まず、書類をチェックした後、名前と生年月日のサインをさせられました。
私の前に試験を終えた人たちの名前もずらりと並んでいたので、ちらりとみていたら、
えええ、ほとんど80年代じゃん。。。。って私が一番年長者でした(苦笑)。
試験官は結構感じの良いオジサンだったので、すこしほっ。
ほぼ前回と同じコースでパラレルパーキングの指示が。
いつも練習ではギリギリに停めてしまっていたので、なるべくギリギリすぎないようにと
意識をし過ぎていたら、かなり縁石から離れた場所にパーキングしてしまったっ(汗)。
夫が「もし失敗したらもう一回チャレンジさせてもらえ!」なんて言っていた事が頭によぎり
言ってみるも「Go!ahead」と。。。なんだかメモしているし、あぁまた今回もこれで帰らせられると思っていたら前回と違うコースへ♪スリーポイントターンの指示が!
これは難なくこなせ、STOPサインのコースを通り、スタート地点へ戻る事に♪
これはもしかしたら♪♪♪と思ったらめでたくPassを頂けたのでありました!!
正式な免許証が来るまで、テンポラリーの免許証にもなるレシートを受け取って晴れて合格。
そこには減点された項目なんかも載っているので見てみると、
やっぱりパラレルパーキングは「Too far」と書かれていました。
でも100点満点の内30点以内の減点であれば合格できるのでなんとか合格できたようです。
ちなみに安全自動車学校では減点項目をWebに載せているので、
ここ
をチェックしていくのは良いかと思います。

その日はずっとお預けになっていたShiroで夫とお祝いをしてきました。
お友達に晴れて無事合格の報告をしたら、
なんとお祝いのお花やお祝いの品を頂いちゃいました・・!
私の免許取得の苦労を分かってくれていただけに(笑)その気持ちがすごく嬉しかった♪
また今まで私が免許がないために周りのお友達に送っていただいたりと
本当に色々と面倒をお掛けしてました・・・。
車も購入したのでこれからは少しずつ距離を延ばして
自分でお友達のところに遊びに行きたいな。

長々と書いてしまいましたが、日本ではほとんどペーパードライバーだった私も
なんとか運良く(笑)免許を取得する事ができました。
これから免許を取得される人は、路上試験は試験官や運もあったりするので、
一度目はコース下見のような気持ちでチャレンジしてもらえれば
少しは気が楽になるのでは。
こんな私の赤裸々な苦労免許取得話ですが、こんな人でも受かったんだぁと
自信を持つのにお役に立てればと思います。(笑)
[PR]

by shi-non_NY | 2007-08-15 23:53 | Driver license in NY  

4時間講習

8/8に筆記試験が受かったので、その後4時間講習の予約を入れたら
思っていたより早く今日の講習の予約を取ることができました。
ロングアイランドでは日本語で講習できるところはないようなので
マンハッタンまで行くことに。

日本語で講習ができる自動車学校:安全自動車学校,アクトドライビングスクール

講習にかかった費用は40ドル。
4時間講習は時間より早く終わり、残すところ路上テストとなりました。
免許を持った人が一緒に乗れば運転ができるので
我が家の車で試験日まで特訓しようと思います。
ちょっと憂鬱。。。。。

さてさて、この日はお天気が良かったので、セントラルパークへ行ってみました。
猛暑が続いていたNYも、今週になってずいぶん涼しくなり秋の気配すら感じられます。
水着を着たニューヨーカー達もそろそろ今年最後となりそうな日光浴を楽しんでました。
f0024303_2335616.jpg


せっかくなので、タイムワーナーにあるホールフーズで買ってきて
外でお昼ご飯を食べました。美味しかった~。
[PR]

by shi-non_NY | 2006-08-12 22:29 | Driver license in NY  

ロングアイランドで免許取得 筆記試験編

渡米前に国際免許を取得してきたのですが、これは旅行者のみに有効なので
3ヶ月以上の居住者はNY州の免許証を取得しなければいけません。

NY州の免許証取得の手順は、①筆記試験 ②4時間講習 ③ 路上テスト   

日本みたいに時間もお金も掛けて取得する免許に比べると大変簡単ですが、
駐在妻にとっては筆記試験を受けるまでの道のりが大変。
というのも、筆記試験を受ける為にいくつかのIDが必要となるのですが
ソーシャルセキュリティーナンバー(以下、SSN 日本で言う年金番号)がない駐在妻は、
それ以外のIDでポイントをゲットしなければいけません。

6PのIDが必要になるので、私が持っていったIDは

・パスポート 3P
・US銀行発行キャッシュカード 1P
・公共料金の請求書 1P      
 公共料金は初めから私の名前にしておきました。
 名義変更は結構大変なようなので、連名か奥さんの名前にしておいた方が
 後々都合が良いそうです。
・ヘルスインシュランスカード 1P

ポイントにはなりませんが、
SSNが取れない理由の書かれた「Ineligible Letter」も必須となります。
私は事前にソーシャルセキュリティーオフィスでレターを発行してもらいました。
期限は1ヶ月となりますので、要注意。
また、DMVにも置いてあると思うのですが、申請用紙となる
New York State Department of Motor Vehicles も書き入れて持って行きました。
おかげでスムーズに試験前の手続きを済ませることができました。

試験自体は安全自動車学校アクトドライビングスクールが問題をHPに載せているので、
こちらを見ておけばほとんど大丈夫です。
私も前日に3回ほど読んで試験に臨みました。
20問中8割以上正解で合格。
もちろん問題は日本語を選ぶこともできますので
無事あっという間の10分くらいで試験も終えることができました。
ちなみに料金は55ドルでした。

f0024303_1494290.jpg私が今日行ったGarden Cityにある
DMV
は朝早くがすいているようで、
1時間位でインテリムパーミットを(ラーナーパーミットは筆記試験3週間後位に送られてくるらしい。)ゲットできました。

あとは4時間講習と、
路上テスト(←これが厄介)。。。
早く車が欲しい。
[PR]

by shi-non_NY | 2006-08-08 13:21 | Driver license in NY