<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ゴルフ2回目

早速2回目の18ホールのゴルフ。今日のゴルフ場はHolbrook Golf Club
場所はLIEのExit61を出て南にすぐのところ。
今回も夫がカート付きでリーズナブルな初心者向けのゴルフ場を探してきてくれました。
8月末まではクーポンがあれば40ドル(カート付き)でプレーができるのです。
ただ、ちょっと女子として難癖つけたくなるのが、カートに屋根がない点。
事前に情報をつかんでいたので、その分日焼け対策は万全にして行きました!
f0024303_6435479.jpg


今回も常にボールが右に飛んでしまう。。。意識はしてるのですけど。。。
また、グリーン上も全くダメなのが、スコアをますます悪くする原因。。
とは言え、ごくごくたま~にドライバーがまっすぐ飛ぶこともあり、
緑の芝生の上で、その時の爽快感は最高でした!

上達への道のりはかなり険しそうですが、めげずに頑張ろ~っと!
[PR]

by shi-non_NY | 2008-08-31 23:33  

NJへ小旅行

NJといえば、王道の(?)ミツワとウッドベリーコモンぐらいしか行ったことのない私。
Yさんにお誘い頂き、電車を乗り継ぎ、NJまで小旅行に行って来ました♪

まずは、ランチを食べに日本食「趣味」へ。久しぶりにお寿司を頂きました。
その後はYさんの運転でアンティークショップへ向かうことに。
ハイウェイもビュンビュン運転してくださるYさん、かっこよかった~。

小さな商店街の中にかわいらしいアンティークショップが1軒。
最近、アンティークから遠ざかっていたので、久しぶりにウキウキ気分。
1階と地下にずら~っと商品が並んでおり、特にここは食器が多くて、
探せば探すほど私にとってはお宝が一杯♪
f0024303_5152262.jpg

最近、ピンクのガラスものにはまっていて、こちらをお買い上げ!
f0024303_5183779.jpg


★Somerville Center Antiques
 34 West Main St. Somerville NJ
 Tel:908-595-1294

その後はChesuterという街へ!!
とっても可愛いカフェでお茶を頂くことに。なんだか日本の喫茶店みたいな感じでした♪
おしぼりが出てきそうでしたが...、さすがにそれはありませんでした(笑)。
f0024303_5274382.jpg

アメリカでは、高級なカフェでも紅茶がティーパックで出てくることが多いのですが、
こちらのカフェは紅茶にこだわっていてすごく沢山の種類がありました。
温かい紅茶は色々種類が多いようですが、とにかく暑い日だったので
涼をとるためにアイスのピーチティーを注文。
ほんわり甘いピーチティーがとっても美味しかったです。
カフェでケーキと紅茶を楽しんだ後は、ブラブラとウィンドーショッピング。
なんだか軽井沢の別荘地に来たような優雅な街並みで、
どのショップを覗いても、センス良くコーディネイトされていてとっても楽しかったです。
いくつかのお店では既にハロウィングッズが並んでいて、もう夏も終わりなんですね~。
f0024303_5334586.jpg

最後にYさんのお宅にお邪魔させていただくことに。
Yさんのご趣味のトールペイントが色んな所にセンス良く飾られていて、
とっても温かみのある素敵なお宅でした。
私もいつかYさんのように、優雅でアメリカンなインテリアを真似してみたいです。

Yさん、私の知らなかったNJをたっぷり楽しませてもらい本当にありがとうございました♪
またこれからも誘ってくださいね!そしていつかロングアイランドにも♡
[PR]

by shi-non_NY | 2008-08-28 05:11 | Day trip  

matsugen

友達と一緒にトライベッカにあるmatsugenへ行ってきました。
ジャン・ジョルジュもオーナーの一人ということもあり、
どんなお蕎麦が食べられるのかと、興味半分で行って来ました!
以前は夜のみの営業でしたが、最近は平日&週末ともに昼も営業しているとの事です。
f0024303_184077.jpg

f0024303_1101215.jpg

内装はお蕎麦屋さんと思えないくらいお洒落な空間。
シンプルで洗練されているのですが、水槽なんかもあり、癒しもあったりと。

やっぱりお蕎麦は冷たいのでしょ~ということで、冷たいぶっ掛けうどんを。
f0024303_11314.jpg

温泉卵を囲んで、紫蘇・ミョウガ・鰹節・納豆・海苔・ネギ・オクラ・きゅうりが
乗っていてとってもサッパリ。
ただNYで納豆・ミョウガを乗せちゃう所は、結構大胆ですねー。かなり本格的です。
ちょっと暑い今日には、ベストチョイスでした♪
おそばの湯で加減も調度良く、とっても美味しかったです!!

デザートで食べた蕨もちも美味しかった♪
ただ、お値段はちょっと高めなのですが、これも雰囲気代ということかしら。
久しぶりのお蕎麦に大満足だったのでした。
[PR]

by shi-non_NY | 2008-08-17 23:05 | -Japanese  

ゴルフデビュー 

ゴルフ教室に通い始めて約1ヶ月。
今年中に18ホールのコースデビューができればと思っていたんですが、
思っていた以上に早くその日がやって来ました。
というのも、そういう時だけ気が早い夫が、友達夫婦を誘い強引にもデビュー。。。。
いつもすみません、Y夫妻・・・・。実はYさんの奥様もゴルフ教室仲間で初デビューでした。
f0024303_632258.jpg

この日のゴルフコースはGreat Rock Golf Club
場所はLIEのExit68から北へ15分余の綺麗なゴルフ場です。
2時以降はカート込みでも55ドル(夏季)と比較的リーズナブルです。
今までのハーフコースでは、ほとんど7番アイアンでのプレーでしたが、
せっかくゴルフ教室で教えたもらったので、今回はいろいろなクラブを使ってみることに。
ところがどのクラブで打っても、いつも右にボールが行ってしまう。。。。
これが私の最大の悩みです・・・・・。なんとかしなくちゃ。。
いつもボールが林の中に入って行き、さながら夏の林間学校気分。
あっちへコロコロ、こっちへコロコロと、散々なデビューとなりましたが、
カート付きだったということもあり、途中でリタイヤすることなく
なんとか無事に終了することができました。
スコアはというと...、う~む、数え切れない結果となりました(笑)。
ほろ苦いデビューでしたが、Y夫妻お付き合いいただきありがとうございました。
まぁ、これから少しずつ頑張っていきましょ~!!
[PR]

by shi-non_NY | 2008-08-16 22:59  

ビーチ de コンサート Maroon5

f0024303_12315222.jpg

今日はJones Beachにある、Nikon at Jones Beach Theaterヘ
今、人気絶頂のMaroon5のコンサートを観に行ってきました。
このTheaterは、Jones Beach内にある屋外コンサート会場で
ステージが海にせり出していることで有名です。
つまり、私たち観客はステージの向こうに海を見ながらコンサートを
楽しめるという、ちょっと変わった趣のあるスタイルです。
Maroon5もさることながら、このTheaterに行ってみたいという点も
今回のチケットを買った理由の1つでした。

さて、『Maroon5って誰?』って思われてる方も多いと思います。
実際、私も周りの友達に『Maroon5のコンサートに行く。』と言っても、
『へぇー(興味なさそうに)』や『誰それ?』っていう反応ばかりでした。

Maroon5について簡単にご紹介しますと、2001年にボーカルの
アダム=レヴィーンを中心に高校の同級生等で結成(再結成?)されたバンドで、
2002年発売のアルバム『Songs About Jane』は全世界で1000万枚以上も売れ、
日本でもトヨタ自動車のCM曲(Sunday Morning)等に使用されました。
2005-2006年には2年連続でグラミー賞を受賞し、昨年発売のアルバム
『It Won't Be Soon Before Long』もヒットチャート1位を獲得し、
iTuneの2007年の年間ダウンロード・アルバムチャートの1位にも輝きました。

ちなみに、ボーカルのアダムはCA州出身ですが、不遇時代にロングアイランドの
大学に通っていたこともあるようです。また、彼はセクシーな男としても注目を集め、
一時はパリス=ヒルトンとも浮名を流していたそうです。

さて、コンサートですが、会場は夫の会社から車で30分とかからず、
大きな駐車場もあると聞いていたので、比較的ゆっくり向かいましたが、
実際にその通りで、駐車料金もなんとフリーでした!太っ腹!

会場に着くと既に前座のステージが始まっていました。
今日の前座は、Sara BareillesとCounting Crows。
両方とも知っている曲はそれぞれ1曲のみでした。

f0024303_12321314.jpg

そして、空も暗くなり、いよいよMaroon5の登場です。
チケットはSold Outなので会場は超満員で熱気ムンムン。
いよいよ待ちに待ったセクシー・アダムとご対面。
しかも、最初の曲は大ヒット曲『This Love』。
f0024303_12324880.jpg

でも、あれれ...、せっ、背が低い...。
しかも、動きがちょっとオカマっぽい...。当然、声は超高音。
やっぱり世界中どこでも、イイ男はそうなのか...と、夫と2人で納得してしまいました。
その後も『Wake Up Call』、『She Will Be Loved』、『Makes Me Wonder』と
次々にヒット曲を連発するものの、何となく盛り上がりはいまいち。
そのうち、周りのお客さんもパラパラと席を立ち始め、
最後の頃にはすっかり風通しが良くなっていました。
夫曰く、『前座のCounting Crowsの方が見ごたえがあった』とか。

とは言え、やっぱり生歌はいいもので、おまけに天気も良く、爽やかな潮風も吹き抜け、
夏の宵の屋外ステージもなかなか捨てたもんじゃありませんでした。
[PR]

by shi-non_NY | 2008-08-01 23:41 | Music